一人一人に適したオフィス備品があれば安心

ウーマン

業務の効率化が図れるオフィスデザインとは

オフィスには、まず人がいます。人が作業するための事務机や椅子があり、書類などを保管するキャビネットなどがあります。共通で利用するコピー機などのIT機器も必要です。それらがギリギリ入ればいいのですが、それだと全く身動きできません。少し空間があっても同じです。業務の効率化を図るためには、必要な設備があって、人が動きやすい空間が必要になります。デスクとデスクの間は、人が立ちあがるときや人が後ろを通るのを想定して空間を確保しないといけません。

作業のしやすい事務机の特徴

一旦座席に座ったら、目的の仕事が終わるまでそのままの姿勢でいられるのがベストと言えるでしょう。移動をすればそれだけ無駄な時間を使います。事務机において作業のしやすさを求めるなら、必要な広さがあって、適度な収納があるのが望ましそうです。広さがあれば、パソコン以外に書類を置けますし、収納スペースがあれば、書類や必要備品の保管ができます。書類が置ければわざわざキャビネットまで行く必要がないので、楽に作業ができます。

こだわりのオフィス備品について

オフィスでは、個々に事務机や椅子が貸与され、通常は自分のみが使います。それ以外には、共用のオフィス備品があります。壁などにはキャビネットを置き、課の書類をまとめて保管するときなどに使います。これらの備品を選ぶときには、こだわりのタイプから選びましょう。値段が安ければ、機能などはシンプルになります。逆に高くなると、機能も増え、それだけ使い勝手が良くなります。キャビネットなら扉が多いタイプ、鍵がかけられるタイプ、引き戸や開き戸などから選べます。

片袖机と両袖机のメリットを比較しよう

適度な大きさ

片袖机は、適度に収納があり作業場所も確保できます。一般社員などに広く使わせるのにちょうどいい机になるでしょう。複数をくっつけたレイアウトもしやすいです。

収納等が多い

両袖机は、何といっても収納が多い点が挙げられます。作業場所も大きいので、書類のチェックが多い仕事やディスプレイを複数必要とする人等にいい机になります。

作業動線を考慮することが重要

オフィス内では、人の移動するライン、つまり作業動線があります。移動する人が多いなら、通りやすいようなレイアウトにすれば、移動する人も周りで仕事をする人も快適になります。

アイデアが浮かびやすいオフィスデザインの特徴

パーテーションによる区切り

アイデアが必要な業務なら、周りに人がいながら集中しやすい環境が必要です。パーテーションで区切ったり、キャレルを使用すると個々の仕事がしやすいオフィスデザインになります。

すぐに会議ができるレイアウト

仕事は一人でするだけでなく、グループでも行います。会議室などを使わなくても、今いる場所ですぐに会議ができるレイアウトなら、アイデアの持ち寄りがしやすくなります。

照明器具や空調などを考慮

オフィスには照明や空調がありますが、すべての位置で同じ環境にはなりません。暗くなりにくいところ、冷房が弱い、強いなどの差がないレイアウトが仕事の効率を上げます。

周りのやる気が伝わりやすいデザイン

社内で適度に競争があれば、アイデアもどんどん出てくるかもしれません。オフィスデザインでは、周りのやる気が伝わりやすくすると良いかもしれません。課の風通しも良くなります。

[PR]オフィス備品の購入!
サービスの特徴を紹介中