女性

原因知り正しく処置

美容整形

ニキビ跡を完全に治療したいなら、ニキビ跡の原因について知ることは必要不可欠であるといえます。ニキビが起こってしまう原因を知れば予防できるのでそもそもコンプレックスの原因を除去することにつながります。それに付け加えて、ニキビが出来てしまったとしても正しい扱い方を覚えていれば症状を悪化させずに済みます。クリニックで治療をすることもできるようになっているので、症状がひどくならない内に、そしてコンプレックスとして抱えすぎたりしないように正しい知識をもつようにしたいものです。正しい知識を持つことで明るい観測がもてます。肌に残ってしまったものはもう二度と戻らないと諦めてしまっている人もいます。しかしニキビは正しく治療すれば残すこともありませんし、跡が残ってしまっても治療できるのです。

ニキビ跡には赤みや沈着といった肌に色として残るものがあります。加えてクレーターやケロイドという凸凹として肌に残るものもあります。これらはすべてニキビができた後遺症なのです。火傷の跡にもケロイドとして残るように、始めの処置が大事になってきます。赤みが残るニキビ跡の原因としてはうっ血があげられます。何らかのダメージを受けてしまうと毛細血管が破裂し、肌にダメージが染みこんでしまうのです。色素沈着の場合はこの毛細血管の破裂が時間経過によって紫になるもので、茶色の色素の場合は炎症によってメラニンが増殖することが要因です。ニキビ跡がクレーターやケロイドとなるのは皮膚組織が傷つけられたり、むしろ修復しようとして過剰に細胞が分裂することが原因です。これらの症状を見分け、適切な治療を施すことが重要です。

Copyright©2015 ニキビ跡治療最前線|パーフェクトな滑らか素肌にする All Rights Reserved.